369 地球市民

地球と共に生きていく「地球市民」になるには
次の3つの変化が必要です。

1.品性の変化
これは悟りから始まります。
悟りとは、
肉体と人格が自分のすべてではなく
魂を持った存在だと知ることであり
人生の目的が何かを知ることです。
悟りを通して自我観と人生観
世界観と価値観に根本的な変化が起こります。

2.習慣の変化
これは、悟りを日常生活の中で
実践することから始まります。
悟りは選択です。
そして、悟りの証拠は
行動の変化に現れます。

3.技術の変化
これは、自分と家族の健康を
自分の力で守る術(すべ)を
知ることから始まります。

脳教育が健康のための呼吸や瞑想だけでなく
弘益家庭運動や地球市民運動を世界に広めてきたのは
地球経営の時代を共に歩む21世紀型の弘益人間、
つまり、地球市民を育てるためです。

一指 李承憲(イ・スンホン)

コメントは受け付けていません。