24 一生問い続ける

誰でも生きている間に、捨てることを勉強する必要があります
人生の最後の瞬間には、自分が使っていた歯ブラシ一つさえ持って行くことはできません

大切なのは「どんな目的のために行うのか」です
捨てる勉強をするために、常に自分自身に問うべきことがあります

「私はなぜ生きるのか?」
自分自身にいつも尋ねていれば、自分の中から答えが出てくるときがきます
その答えを通じ、自分自身がどんな基準を持って生きているのかが分かります

すぐに出てきた答えに正解はほとんどありません
1年後、10年後、変わらない答えこそが本物です
頭の考えから出てきた答えは、うつろい変わるばかりです
ただ本性から出てきた答えだけが変わりません

「私はなぜ生きるのか?」
これは一生問い続けなければならない問いです
これを問い続けながら生きていけば
何を捨て何を得るべきか分かるようになるのです

一指 李承憲(イ・スンホン)

 

 

コメントは受け付けていません。