[元気な腸-幸せな脳]脳健康の秘密をへそに見いだす

世界的な脳教育者であり自然治癒専門家 李承憲(イ・スンホン)学長が
腸と脳の権威UCLA教授エメロン・マイヤー博士と「へそヒーリング」をテーマに米国ロサンゼルスで講演

自然治癒健康法である「へそヒーリング」をテーマにした講演会が、今月18日午後2時(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのグッドサマリタン病院モスルリ-サルバトリ カンファレンスセンターで開催され、ロス市民や病院関係者など約300名が参加しました。この講演には世界的な脳教育者であり自然治癒専門家の李承憲学長(グローバルサイバー大学)と腸と脳の権威エメロン・マイヤー Emeran A.Mayer博士(UCLA医科大学院)が講演を行いました。

20160920_192719
▲ へそヒーリング考案者の李承憲学長が18日(現地時間)米国ロサンゼルスでへそヒーリング講演を行う様子

世界各国で話題を集めている「へそヒーリング」の考案者である李承憲学長の講演は、ヒーリングライフダンスとへそヒーリング体験で始まりました。

李承憲学長は「人体の血液の約50%が腹部にあります。これをポンピングすれば血液循環が良くなります。また、脳に酸素が供給される」とし、「(へそとその周辺を刺激する)へそヒーリングは体温を高め、免疫力が強化」されると述べました。

この日、講演会場には韓国脳科学研究院のノ・ヒョンチョル主席研究員が参加し、スマートブレインという脳波測定器でへそヒーリング前後の脳波の変化を披露しました。ノ・ヒョンチョル研究員は客席から希望者を募り、測定を行いました。へそヒーリング前に1分、へそヒーリングをしながら2分間、脳波を測定すると、ストレス指数は低下し、集中力指数が高まりました。緊張時に現れるH-ベータ波とガンマ波の面積が減りました。つまり、へそヒーリングを2分間行うだけでリラクッスできたことを意味します。

李承憲学長は「この短時間で起こった脳波の変化は本当に驚き」だとし、「私の健康を誰が守ってくれる? 私の幸せ、私の平和は誰が守ってくれる? 自分の健康、幸せ、平和は自分で守る。へそヒーリングをすれば自分で管理して守ることができます」と述べました。

李承憲学長は「私たちの脳には驚くような自然治癒力や潜在能力があります。その機能を私たちが生かせていないだけ」と言い、「自らの価値を見つけるというのは『悟り』のような難しいことではありません。脳が分かれば悟るために時間を浪費する必要がありません。考えでは脳波は変わりません。へそを刺激することで脳波も、自分の健康、幸せも創造できます」と伝えました。

記事全文はこちら↓
http://wp.me/p6PL8Z-ll

コメントは受け付けていません。