私たちが残すべきもの

久しぶりに韓国に戻って天気予報を見ていると、アメリカや他の国とは異なる独特なことが一つあります。天気予報のキャスターが粒子状物質の濃度を伝えるのです。「とても高い」という日に外出すれば、すぐに目が痛くなり、喉がイガイガするのが感じられます。

2000年以降、日中韓の環境科学院が10年間共同で研究した資料によると、韓国の粒子状物質の30~50%は中国から飛んできたものと分析され、2013年以降は中国からくる粒子状物質による汚染度がますます深刻になっています。石炭依存度が約70%の中国の加速する産業化によって粒子状物質が国境を超えて周辺国家の大気まで汚染しています。

人間の生命の源は自然だから、自然が病めば当然人間も病みます。すでに世界で環境汚染による人間の疾病が猛スピードで増加しています。コーネル大学のデビッド・ピメンテル教授とコーネル大学院チームは、人口増加、栄養失調、様々な環境汚染が人間の疾病に及ぼす影響に関する120以上の論文を研究した結果、世界の死亡率の40%は、水質、大気、土壌汚染によるものと発表しました。

地球の環境が健康にならないと、人類が120歳の寿命を享受するというのは幻想に過ぎません。アフリカのチャド共和国は、清潔な飲料水の不足と病気や栄養失調などで平均寿命が49歳にしかなりません。自分自身と家族だけでなく、自分が属する共同体と、さらには地球環境を改善して見守る努力を皆が協力してやっていかなければ、環境は回復不可能な状態になり、そのうち人間の生命を存続することさえ困難になるでしょう。

地球環境回復のために、これからは成功という価値を超えて完成という価値に向かって進んでいく必要があります。自然は成功のために開発し搾取する対象でしかないという物質主義をもとにした分離意識によって環境が損なわれ、環境に無関心になりました。世界は分離しているのではありません。世界のすべては、空気で、水で、風で、日光で、つながっています。国境にどんなに高い壁を積み上げても、エネルギーの流れを遮ることはできません。一国を豊かにするために壁を高く張り巡らせて規制しても、隣の国が貧しく不幸なら、その影響はその国に戻ってくるものです。

私が『120歳まで生きるという選択』という本を書いた理由の一つは、60歳からの人生の後半期に入った人、またこれから生きていくすべての人に、私たちが人生の後半期をどのように生きていくかによって、世界をよい方向に変えられるという信念を分かち合いたかったからです。

人類がこれからも物質的な成長だけを考え、地球を破壊し、仲間の人間や他の生命体に莫大な被害を与えながら生きていくなら、人類の寿命が延びたことが地球にとって祝福だとは言い難いでしょう。いろんな世代の中でも意識の目覚めた年長者として、自分だけではなく地球と人類全体をよりよい方向に改善するのを手伝おうと努力する責任が老年期の世代にあります。

私は随分前から地球市民精神を伝えてきました。この精神のポイントはとても簡単です。私たちは、特定の国家や人種、宗教の構成員である前に地球の市民なので、地球を思いながら生きていくべきだということです。私たちは、肌の色が異なり、異なる言語を使っていても、私たち皆を一つに結ぶ共通項は、私たちが地球という星で共に暮らしている、同じ人類だという点です。

今年に入って、フェイスブックの創業者で最高経営者責任者であるマーク・ザッカーバーグがハーバード大学の卒業式で行った演説で、世界市民という概念について話しているのを見て、うれしくて仕方がありませんでした。ザッカーバーグのように社会的影響力の大きいリーダーが地球市民精神を広く伝えてグローバルなつながりをつくっていけば、きっと肯定的で意味のある変化を創造できると思います。

地球市民の生活をよりよくするための第一歩は、自分の人生に主人意識と希望を抱くことです。自分を信じることができない人は、他の人や社会を信じたり、希望を抱くことは難しくなります。それは地球に対しても同じです。「地球の問題は誰かが解決してくれるだろう。リーダーやスペシャリストがしてくれるはずだ」と受け身の考えをしたり、「誰が何をしたって世界は何も変わらない」と悲観的に考えます。

自分が自然と一つだと感じ、本当に自分の人生のあるじになれば、地球と人類の問題が自分自身の問題だという切実さが生じないはずがありません。だから、地球と他の生命のためにわずかなことでも自分にできることはないかと真剣に考えたり、それを実践しようという思いが生まれます。各自が自分自身の希望となるとき、私たちは地球の希望になることができます。私たち一人ひとりの人生の新たな道が開くとき、地球と人類にも新たな道が開きます。

自分だけではなく他の人と生命がみな健康で、幸せであることを願う心、よりよい世界をつくるのに少しでも貢献したいという思い、そんな思いが誰にでもあります。そのような心を生活の中で表現し、実践するのが地球市民の生活です。私の生命の源が自然であり、私がやってきたところも戻るところも自然だという認識、その自然を保存し、子孫に大切に引き継いでいくという意識と実践こそが、人生の後半期を生きていく私たちがもつべき思慮深い責任であり、次世代への大切な贈りものです。

コメントは受け付けていません。