BOS(Brain Operating System) 5法則

BOS5法則

私たちはみんな生まれつき脳を持っています。しかし、脳の「使い方」や「運営のし方」を学ぶ機会はほとんどありません。脳を使いこなすには、BOSを作動させる必要があります。BOSとは、Brain Operating Systemの略で、脳が機能するうえで最も基本となるプログラムのことです。BOSをしっかりと機能させることができれば、脳を自在にコントロールし、潜在能力をいかんなく発揮することができます。BOSを作動させるためのルールが、「BOS5法則」です。

 

BOS法則1:いつも目覚めている
すべては目覚めることから始まります。私たち人間は、感情や考えに支配されています。感情や考えに振り回されていると、脳を主体的に動かすことができません。脳の主としての意識を目覚めさせ、経営者のような立場で脳を運営するとき、能力を十分に発揮できるようになります。このとき、意識の「ゼロ点」を回復することができます。ゼロ点とは、感情にプラスもマイナスもないゼロ状態、つまりフリーになった状態です。脳はゼロ点で創造力をフルに発揮します。

 

BOS法則2:グッドニュースがグッドブレインを作る
情報は脳の糧です。脳は情報をありのまま受け入れ、その情報によって反応します。情報の真偽のほどは、脳にとって重要ではありません。大事なのは、情報の質です。肯定的な情報、良い情報、つまり、私にも良く、人にも役立つような良質の情報をインプットすると、脳は最高のコンディションで働くようになります。グッドニュースで脳を浄化し、意識がゼロ点を回復すると、あなたの脳は自然知能が働くグッドブレインになるのです。

 

BOS法則3:選択すれば成し遂げられる
感覚が目覚めて柔軟になった脳に良い情報を与えると、その状態で選択したことは成し遂げられます。「私はこれをする」という「選択」のメッセージを脳に強く与えると、脳はその選択を実現するために反応し始めます。PDCA(Plan-Do-Check-Action)を通して選択を実現していく体験が成功情報となり、自己肯定感と自信が高まります。

 

BOS法則4:弘益精神で時間と空間の主になる
選択した人は周りの環境に揺れません。そして選択した瞬間に、あなたを取り巻くすべてが、その選択が実現できるよう変化し始め、あなたの脳はその選択を受け入れて動き始めます。すべての脳は弘益を望んでいます。弘益精神で脳を統合すると意識が大きくなり、自分の選択を達成できる時間と空間を自ら創造していくようになります。それは、すべての時間と空間を活用して環境を自分に役立つ方向に変えられるということです。

 

BOS法則5:人動説で周りの環境をデザインする
地球が太陽の周りを公転し、自らも自転しているように、人間がまず地球を中心に考え(公転)、次に自分の人生を創造する(自転)のが人動説です。人動説を実践しながら生きていく人は、人間性が回復した脳の主です。脳の主は人動説を基準に人生の方向と目標を設計します。そして、あらゆる事物を活用して自分を取り巻くすべての環境をデザインし、再創造できるようになります。

 

コメントは受け付けていません。