ILCHI Message

日々の生活の中での気づきと、世界に向けたメッセージをお送りします。

  • Take Back Your Brain!
    2014年1月17日
    人間の体の中で情報が入力されるところは脳だ。 脳を通じて情報を取り入れ、その情報をもとに世界を理解し、 文化を創造しつつ生きているのだ。

  • 呼吸を通じて見る人類と地球の問題解決策
    2013年12月24日
    私たちは、今この瞬間も休むことなく呼吸をしています。 その息遣いをそっと感じてみましょう。ゆっくりと息を吸い込み、ゆっくり吐き出します。

  • ライフ・パーティクルと観察者意識
    2013年10月27日
    宇宙万物はライフ・パーティクルから成り立っています。 細胞を構成している分子は原子に、原子は原子核と電子に、原子核は素粒子に分けられます。

  • 平和への道
    2013年10月1日
    人類と地球の未来を思うと気が逸ります。 人類はいま、地球全体が破局に向かって猛スピードで疾走していることにやっと気づいて、 どうしたものかわからずにいます。

  • 人類平和を成し遂げる力
    2013年9月28日
    私は毎朝4時になれば目が覚めます。まるで体に目覚まし時計があるように、 明け方4時になれば自然に目がさめるのです。

  • ベンジャミン・フランクリンの脳活用と人間の幸福
    2013年9月13日
    成功した印刷業者、避雷針を発明し放電の原理を発見した科学者、 独学で3カ国語をマスターしフランス大使にまでなった外交官、 アメリカ人が「建国の父」と称し尊敬する政治家、 100ドル紙幣に載っている人物、それがベンジャミン・フランクリンです。

  • 中心価値としての地球
    2012年5月2日
    人類が志向するさまざまな価値や利害を総括できる共通の利害は何なのか。 また、このすべての価値を評価できる中心価値とは何なのか。

  • 脳哲学の時代
    2012年3月10日
    今日もこの地球上で1万6千人の子供たちが飢死しています。 食べ物が不足しているからではなく、人類から良心の光りが消えたためです。

  • 精神文明のボルテックス、ライフ・パーティクルTVオープン
    2012年2月11日
    33年前、母岳山で悟りの瞬間に深い瞑想の中で、人類におかれた2つの未来を映像で見ました。 1つの未来は、人類が自然災害や戦争や疾病の中で悲劇的に苦しんでいる姿でした。

  • 貧困撲滅と福祉のための脳教育
    2012年1月19日
    1月12日、ニューヨークの国連本部において 国連関係者80名余りが参加するなか、 「貧困撲滅と福祉実現のための脳教育」招請講演が行われました。

コメントは受け付けていません。